ようこそ ゲストさん

買いたい

  • 検索条件から探す
  • 学区から探す
  • 駅・沿線から探す
  • 地域から探す

建てたい

  • 自由設計の家づくり
  • 規格住宅ゼロキューブ

売りたい

  • 売却の流れ
  • 無料査定
はじめての方へ
高品質住宅とは
家づくりの流れ
アフターサポート
新築施工事例
規格住宅 ゼロキューブ

これから毎日暮らす家。

あなたの「らしさ」、あなたの「好き」なものを
ギュッと詰めて「心地いい。」かたち。

家族で愉しむコミュニケーション空間には
開放感のあるひろがりを感じさせる工夫を。
そんな暮らしてわかる「心地いい。」

あなたが「心地いい。」を実感できる
住まいづくりをはじめませんか?

匠工房はフォーセンスグループの高品位住宅と連携し、
あなたのオンリーワンの住まいづくりを
サポートさせていただきます。

CONCEPT はじめての方へ
▲ ページトップへ戻る
滋賀ママの家.comでご紹介いただきました
ZERO-CUBE 暮らしの真ん中に「庭」がある家

「高品位住宅」は、財団法人日本住宅・木材技術センターによる、木造住宅供給支援システム認定の「高品位住宅基準」をクリアした住宅です。

高品位住宅は、「お客様に真に喜んでいただける家づくり」を理念のもと、木造住宅のあるべき姿を見直し、住宅づくりの新しい基準のひとつとして設定し推奨しております。また、この『高品位住宅』の基準は、平成18 年4 月1 日(平成20年11 月28 日更新認定)に財団法人日本住宅・木材技術センターが認定事業の一つとして行っている、木造住宅供給支援システムに『フォーセンスシステム(認定番号:支援S06-1)』として認定を受けております。

この認定に対し、大学教授を中心とした認定評価委員の先生方からは、『高品位住宅』の基準の一つである性能確保の部分にて、特に柱・耐力壁の直下率60%以上の基準やグリット構成からの間取り作成の対応などに非常に高い評価を得ております。

お客様に真に喜んでいただける家づくりのために、品質・性能の高い『高品位住宅』の普及・促進を目指したいと願っております。

地盤調査の実施

地盤調査の実施 国土交通省にも定められた、住宅建設に適した地盤調査試験です。多くの国で基準化された方法で、土地の強さ(支持力・沈下量)が容易に判定できます。先端に専用のロッド(ドリル)を取り付けて一定深度にて打撃を与え、その回数により建設地の状態を判断します。掘削した土の状況も確認できますので、砂質・粘土質等の地価の状態も解る優れた調査方法です。

機械式プレカット部材の使用

機械式プレカット部材の使用 【含水率20%以下】
フォーセンスでは、精密に機械加工(プレカット)された木材を使用しています。手加工に比べ、1.5 倍の接合強度で噛み合います。

床束

床束 【鋼製束】
フォーセンスでは床を支える束と呼ばれる支持材に、鋼製束を採用。溶融亜鉛メッキ処理でサビやシロアリを寄せ付けず、圧縮強度は2t以上と、大変強く安心の強さで頑丈な構造を支えます。施工面では、ターンバックル方式で作業を容易に行う事ができ、高さの微調整が可能なため精度も高まります。

ヘッダー配管

ヘッダー配管 床下に設置したヘッダーから各給水栓まで途中で配管を分岐せず施工する工法。施工性、耐久性が高まり、メンテナンスも容易に行う事が出来ます。

シックハウス対策

シックハウス対策 24 時間換気システム

施工管理規定による調査の実施

施工管理規定による調査の実施 【チェックリスト】
工程内検査の実施・社内完成検査の実施・顧客検査の実施

火災報知器の設置

火災報知器の設置

住宅瑕疵10年保証

住宅瑕疵担保責任保険法人による保険制度が実施している住宅瑕疵10年保証

高耐震
【兵庫県基準】住宅

大地震を経験した兵庫県における高耐震住宅を採用 ※旧住宅金融公庫基準

省エネルギー住宅

省エネルギー住宅

バリアフリー住宅

バリアフリー住宅

▲ ページトップへ戻る

設計基準 柱の直下率60%以上、耐力壁線の直下率60%以上

住宅金融支援機構の基準を満たした上で、更に建物構造の強化を図る耐震基準を強化しています。フォーセンスでは、グリッド構成による間取りプラン作成で、構造の安定とバランスを考慮した設計を行っています。

柱・耐力壁の配置と直下率

柱・耐力壁の配置と直下率 柱の直下率とは2 階の柱の下に1 階の柱が配置される率、耐力壁の下に1 階の耐力壁が配置される率をいいます。
フォーセンスの設計基準は、柱及び耐力壁の直下率60%以上に定めています。
※直下率60%以上は優良

●柱の直下率=2 階の柱の下に1 階の柱が来る割合
●耐久度の直下率=2 階の耐力壁の下に1 階の耐力壁が来る割合

耐力壁の配置と偏心率

耐力壁の配置と偏心率 偏心とは、重心と剛心のズレの事を言い、偏心が大きすぎると建物はねじれるようにして壊れる可能性があります。

●重心=
建物の重さの中心
●剛心=建物の強さの中心で、壁の配置の偏りで決まる。

▲ ページトップへ戻る

基礎 木造耐久性住宅

基礎の立ち上がり幅を150 ㎜(建築基準法の25%UP)に設定することで鉄筋の防錆配慮年数は建築基準法の2.6 倍。
コンクリート強度は21N/ ㎡以上(建築基準法の17%UP)を確保しています。

ベタ基礎

ベタ基礎フォーセンスの自慢の基礎は、基礎の中に含まれる13mm径の鉄筋が150mm 間隔で密に組まれ、これは通常の2 倍以上の鉄筋量になります。 また、外周部はダブル配筋を施し、より強固に建物を支えています。基礎の立ち上がり部分はベース部分が250mm 以上、立ち上がり部分は400mm以上となっています。 これは、フォーセンスの全ての商品で共通です。

ユニット鉄筋の採用

ユニット鉄筋の採用鉄筋は基礎図面を基に専用工場で一棟毎に精密加工され建築現場へ搬入されます。
現場加工による人為的ミスを防ぎ、確かな配筋精度を実現しています。

基礎パッキン/外壁通気工法

基礎のところに置いている黒い物体が基礎パッキンです。これは1m 感覚で置かれています。 これによって、基礎と土台に隙間ができ、空気の通りをよくしています。 シロアリが生息しにくい床下環境をつくるので、シロアリ駆除剤を使わず安全です。

金物

建物外周部の出隅の柱と横架材及び土台はホールダウン金物で相互に緊結するなど、大きな地震にも耐える構造となっています。

基礎火打

基礎火打 基礎火打(きそひうち)はベタ基礎の剛性を高め、水平力(地震・耐風による外力)を分散させる働きがあります。 また、基礎の立ち上りの断面積が増加するため、上からの荷重に対しても有効に機能します。

▲ ページトップへ戻る

床 剛床施工

2階の床は、非常に剛性の高い3重の剛床構造工法となっており、地震の時にはねじれを防ぎ耐震性を高めてあります。

梁に根太掘を施し、根太を落とし込んでいき、その上に構造用パネルとプラスターボード(12.5 ㎜)を敷き詰め、床材を施工しています。

地震や台風など、外から加わる大きな力に対していくら耐力壁を強くして備えても、床の剛性が低いとねじれや変形につながります。

床 剛床施工

床 剛床施工 加わる水平力を階下の耐力壁に均等に伝えるという大切な役割を担う2 階床の強さが、地震に強い住まいの秘訣なのです。

水平構面が弱いと、それぞれの耐力壁に正しく力が伝わらないので、変形も部分的に過大になったり、場合によっては、床版が壊れてしまいます。

そのために、2 階の床の構造は重要なのです。構造用パネルとフローリングの間にあるプラスターボードは、階下への防音効果があります。

▲ ページトップへ戻る

エピソードNEO 優れた性能で、住まいと暮らしを快適・省エネに。

窓は”熱の出入り”が一番多い場所です。快適さを追求し、アルミ窓から”あたらしいアルミ樹脂複合窓”に進化

アルミ樹脂複合+Low-E複層ガラスだから熱の出入りを軽減します。

2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

目的別に選択できるガラスでよりよい効果が得られます。 夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の暖房効果を高める断熱タイプをお選び頂けます。

エピソードNEO

冬、暖房で暖められた熱の約半分は窓から失われます。また、夏に室内へ流れ込む熱の約7 割は窓から入ってきます。部屋のいごこちは窓の断熱化で変わる、という理由がここにあります。

エピソードNEO
▲ ページトップへ戻る
滋賀ママの家.comでご紹介いただきました
ZERO-CUBE 暮らしの真ん中に「庭」がある家
  • まずはご相談ください。

    家づくりの進め方や考え方、商品が信頼できるかどうかが、家づくりで最も大切な要素。まずは、理解を深めていただくために、当社の考え方をご説明いたします。不明点は納得いくまでご説明いたします。

    家づくりのことなら、わたしたちにお気軽にご相談ください。
  • ライフプラン・資金計画もしっかりサポートします。

    まず、ライフプランや思い描かれている「理想の暮らし」のイメージをお聞かせください。また、併せて重要なのが資金計画。負担のない資金計画(住宅ローン等)や税制について、しっかりサポートいたします。

  • 土地探しは匠工房にお任せください。

    土地が決まっていない方は、土地探しも匠工房にお任せください。お客様のご要望、ライフプラン、資金計画にピッタリな土地をご紹介させていただきます。

    滋賀県での土地探しはこちらから
  • ご希望のプランのご相談

    匠工房では、お客様のご要望に応じて、様々なプランをご提案可能です。お客様の理想の暮らしや住まいへの夢、ご要望やご趣味など、じっくりお聞かせください。建築士・設計士が加わり、間取りに関する最適なアドバイスをいたします。

    注文住宅
    注文住宅

    注文住宅のメリットとは?

    • 間取りが自由
    • お客様の希望を反映しやすい
    • 敷地の形状を気にする必要がほとんどない
    • 手作り感がある

    注文住宅のデメリットとは?

    • 打合せ等が必要なため時間がかかる
    • 価格内容がわかりにくい
    • 打合せのお時間や設計料がかかり、規格住宅より高額になる
    匠工房の新築施工事例 一覧はこちら
    規格住宅
    規格住宅

    規格住宅のメリットとは?

    • 品質の高い住宅をコストを抑えて建築できる
    • 打合せが簡易なため完工までが早い
    • 建築費用が明確

    規格住宅のデメリットとは?

    • 基本的に、間取りの変更が出来ない
    • 敷地の形状を建物に合わせる必要がある
    規格住宅ゼロキューブ
  • プランのご提案と、お見積りを提出します

    これまでにお聞かせいただいたご要望や敷地調査をもとにして、ニーズにあったプランのご提案、お見積もりを提出いたします。このプランニングは、お客様が納得のいくまで何度でも行います。

  • プラン契約システムを導入しております

    弊社では、本契約の前に詳細なプラン作成などを行う「プラン契約システム」を導入しております。
    納得のお住まいを実現するためには、講じないように対する詳細なお打合せからプラン作成、それに伴う仕様決めや詳細なお見積書の作成など、大切な時間を必要とします。
    また、そこまでしておかなければ、工事着工後に「イメージと違った」「追加工事がたくさん出た」など、工事内容に不満が残る結果ともなりかねません!弊社といたしましても、お客様から言われたことだけではなく、プロとしてあらかじめ予想される工事のご提案等も含めてご提案させて頂くことも大切な仕事だと考えております。プラン契約は、最低限の費用で最大限の効果を発揮するシステムです。仕上がりイメージの共有、ライフプランのご提案など住まいづくりからその後の生活まで、お客様のご満足がずっと続くようにコーディネートさせていただきます。

  • 仕様の打ち合わせをします

    建築士により、事前にしっかりご説明しますが、現場でないとイメージしにくい箇所は、上棟後、現地で確認、決定して頂けます。お客様本位の家づくりをしっかりお手伝いします。

  • ご契約

    ローンのお申込みを終え、プランや資金計画を再度確認した上で、ご契約させていただきます。ご契約には土地の契約と建物の契約の2種類があります。

  • 住宅ローン申請

    プラン・お見積もりにご納得いただきましたら、住宅ローンのお申込みを行います。このお申込みもお手伝いいたします。

  • インテリア

    着工までに、インテリアコーディネーターや設計士などの専門家と共にインテリアや外構などを決定していきます。

  • 着工・基礎工事

    地鎮祭を行い土地の神様にご挨拶をした後、いよいよ着工です。建物を支える基礎工事を行います。建物ができあがると見えなくなる基礎部分になるので、ぜひ現場に足を運んでいただき、意見や疑問点などがあればどんどん質問してください。

  • 上棟

    建物の構造躯体が完成して、屋根がかかります。
    当社の部材は工場で加工するプレカット方式。工場で均一に生産し、厳しい検査を受けた質の高い部材です。仕上がりをご確認いただくため、ぜひ現場に足を運んでいただき、意見や疑問点があればどんどん質問してください。

  • 各種工事

    内装・外装・外構などの工事を行います。各工事の節目ごとには立ち会うようにしていただき、図面確認や内容・仕上がりをご確認していただきます。

  • 竣工

    いよいよ建物が完成です。
    当社の品質管理部門とお客さまによる検査=施主検査(建具の開閉はスムーズか、照明や設備機器はちゃんと動くかなど)を念入りに行います。

  • 引き渡し・ご入居

    おめでとうございます!いよいよ新居の引き渡しです。登記については当社が登記代理業者(司法書士と土地家屋調査士)への申し込みを代行いたします。

  • アフターサポート

    長く住む家だから長期保証や定期点検もしっかり行います。
    またリフォーム時にも当社が責任をもってお手伝いします。建てた後も長いお付き合いをさせていただきます。

▲ ページトップへ戻る
滋賀ママの家.comでご紹介いただきました
ZERO-CUBE 暮らしの真ん中に「庭」がある家

私たちは常にお客様目線で、いかにお客様に喜んでいただけるかを考えております。そのような姿勢を評価していただき、お引渡し後もお困りの際にお電話をいただくことも多くあります。 なんでも相談してくれるお客様の存在は本当にありがたいことですので、遠慮せずお気軽にお電話ください。

工事後お渡しする保証書のイメージです。 困った時にすぐに駆け付け、対応をすることができるのが地元の会社の強みです。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。誠意をもってご対応させていただきます。また、お客様には「アンケート」の協力をいただいております。

正しく営業活動が行われたかどうか、施工状況はどうだったかという趣旨で行い、今後より良いサービスがご提供できるよう取り組んでまいります。ご協力の程お願いいたします。

▲ ページトップへ戻る
収納と家事動線にこだわったお家

収納と家事動線にこだわったお家

ご家族で意見が食い違うこともなく、打合せもスイスイ進みました。
こだわりが随所に散りばめられたお家が完成し、私もとても嬉しいです。
素敵な新生活を送ってください。
今後も末永いお付き合い、よろしくお願いいたします。

3世帯で住む家

3世帯で住む家

始めてお会いさせて頂いた時から、随分と長い時間を一緒に過ごさせて頂きました。
お客様からの提案が随所に入った考えられたお家です。
こちらの思いも聞いて下さり本当に親しみやすいお客様でした。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

子供の夢を形にした家

子供の夢を形にした家

他社にはできない外観とコストパフォーマンスを重視しての要望から始まり形にする約束でした。

毎週日曜日の夕方からいつも来ていただき、すごく情熱を感じたので何とか100%の家を完成させていくのを営業、設計、施工管理共に協力してお客様の要望を形にした家です。

施工事例一覧を見る
▲ ページトップへ戻る
滋賀ママの家.comでご紹介いただきました
ZERO-CUBE 暮らしの真ん中に「庭」がある家